日本建築の素晴らしさ(^^♪

まだまだ暑い日が続いておりますが快適にお過ごしでしょうか!?

「徒然草」の一節にも、「家の造りは、夏を旨とすべし。冬は、いかなる所にもすまる。

暑き比わろき住居は、堪え難き事なり」

家は夏に合わせた作り方をせなあかんで!

冬はどんなところでも住めるけど、夏の暑いのは堪えられへんで!と言うてはります!

そしたらどんな工夫がされてたのか見ていきましょう!

最近になって「縁側カフェ」とか出来てますけど、サザエさんでお馴染みの縁側は、

大体の家には付いてたように感じますね!

屋外と和室との間に設けられた板張りの通路ですけど、そこがあることによって、緩衝地帯

となって室温を一定の温度に保てるのですね!

縁側の上にある「軒」と言う屋根の庇が、ぐっ!と出てて、直射日光が部屋に入るのを防ぐ

効果があります!

庇は木材を、雨や日差しによる劣化から守ってくれる優れものですよ!

弊社でも極力庇は出してます!(^^)!

すだれも、ホームセンターではまだまだ売られていて、その必要性を毎年感じます!

日本建築の素晴らしさはまだまだありますが、次回のお楽しみに!!

加古川市で注文住宅ならRe:born-kokoroya合同会社北喜工務店へお任せください( `ー´)ノ

PageTop