日本人は畳好き!(^^)!

家づくりの話の中でよく出てきますのは、尺モジュールと言う言葉ですね!

日本は古来の尺貫法と言う測り方で行ってきました。

3尺(91cm)を1つの基準で区切り、1グリッドを91cm*91cmの

規格にしています!

日本人の平均的な肩幅は、1尺5寸(45、5cm)位です!

廊下ですれ違うには、二人分の3尺が要りますよね!

なので畳の短い方の1辺は、3尺になっているのですね!

畳を組み合わせしやすくする為に倍の6尺になってるのですね!

よく人が座るのには半畳、寝転がるのは一畳、大の字に寝転がって2畳(一坪)が

必要と言われていますね!

けど実際には畳って地域差がありますよね!

3尺*6尺サイズの畳は中京間と言って、愛知県周辺に多いんですよ!

我が関西圏では幅に余裕を持たせて、95、5cm*191cmサイズの京間と呼ばれてる

畳が一般的です!

東日本では、88cm*176cmの江戸間と呼ばれている少し'こまい'サイズですね!

間取りの考え方にも地域差が出ていますね!

京間や中京間までは、畳を並べた寸法でその外側に柱を立てるのですね!

なので柱の中心から柱の中心の寸法と言うのは、畳+柱1本と言う事になりますね!

そうすることで障子・ふすまも畳基準で使いまわしが出来ますね!

畳基準の方法を畳割といいます!!

関東は柱と柱の間の寸法を基準にしていますね!

この方法を柱割と言います!

6畳や10畳の様に、畳の枚数が違う所は寸法が違いますので、使いまわしが出来ません。

柱割は、柱の大きさに関係がないので施工は楽で早いです!

利便性の高さから江戸で使われ始めたといいますね!

現在では柱割が多いですね!

和室の利用も減ってきましたが、最近は縁のない半畳の畳も多くなってきましたね!

真新しい畳の匂い!日本人なら!外国の方も好きな方沢山居られますね!(^^)!

癒される!大好き!

明石市注文住宅ならRe:born-kokoroya合同会社北喜工務店へお任せください( `ー´)ノ